お腹がスッキリ便秘解消

つらい便秘を解消したい!毎朝お腹スッキリ

そもそも便秘とは何でしょう?
そして私は、便秘でしょうか?

3日以上便が出ない人を便秘と言う人もいますが、それは正直言うと正しくはありません。

具体的には、以下のような症状を複合的に判断するのです。

排便の無い期間の長さ、排便の困難さ、残便感(うんちが残っていて、出切っていない感じ)

ですから、毎日出ているとしても、うんちが体内に残っているような感覚を覚えたら、それも便秘の可能性があるということです。

また、3日間排便がなくても、ダイエットなどで食事量が極端に少ない場合などはこれをすぐに便秘とは言わないのです。

なお、日本内科学会の定義では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」といています。

以上のように説明しましたが、普通の人が便秘かな?
という判断基準としては、3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態で判断するのが最も便利で、的確と言えるでしょう。

便秘でお腹が痛い

便秘の自覚症状

便秘とは便の出ない状態ですが、どのような自覚症状があるのでしょうか?

腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまい

腹痛や、残便感は非常に一般的でよくある症状ですが、めまいなども症状としてありますので、注意が必要です。

また、便が出ていないと食欲不振にもなりますので、こういった症状が出てきたら、便秘かな?と考えたほうが良いですね。

また、便秘を引き起こす外部的な原因もあります。

食物や食物繊維の摂取が不十分である。

薬の副作用、カルシウム剤、利尿剤(水薬)、抗うつ剤などの影響です。

ホルモンバランスの変化など心配事や環境などによる精神的なストレスを受けている場合です。

特に女性で若い時から便秘で悩んでいる方は、大勢いらっしゃいます。
長年の便秘で、肌荒れ、むくみ、自律神経の不調、倦怠感などの症状を持病として抱えています。

すぐに出来る解決方法としては、普段飲まれる薬を変えてみることや医療機関で薬について相談してみることです。

女性に多いと言われている便秘ですが、必ずしもそうではなく、男性でも起こりえますし、環境によっても起こる場合があります。

腸の働きに障害がある場合などの、内部的な原因のほかに、こういった外部的な要因も大きいと考えられますので、両方の原因を解消する必要があるということになります。

便秘に野菜中心の食事

便秘解消に食物繊維

便秘解消方法のもっとも一般的な方法としては、食物繊維の摂取は非常に有名ですね。
食物繊維は一度に多くとっても意味が無く、毎日、毎食、適切な料を摂取するように心がけることが大切です。

下記に食物繊維が豊富に含まれている食物の例を挙げますので、参考にしてください。
・果物
リンゴ、モモ、ラズベリー、オレンジ

・野菜
モロヘイヤ、カボチャ、ブロッコリー、キャベツ、ニンジン、カリフラワー、ホウレンソウ、ズッキーニ

・パン、穀物、豆類
ウズラマメ、ソラマメ、シリアル食品、こんにゃく、きな粉
・海藻類

腸の働きを活発させる食物繊維を多く含んだ食事に変えてみましょう。

食事を作る時間の無い方は、自然の食物繊維の成分を含んだ特定保健用食品イサゴールなどの栄養補助サプリを利用するのもおすすめです。
特に多忙で食事が偏りがちな方は、サプリメントなどで補うことも重要です。

便秘と病気の関係

便秘には病気によって引き起こされる、問題がある便秘と、さし当たって問題の無い便秘があります。

問題の有る便秘としては、大腸がんや、腫瘍、痔などの病気によって引き起こされる場合で、これは便通時に痛みや出血を伴う場合も多いです。

ただし、これらは病院へ行きしっかりとした治療を受けられるものですので、このサイトで取り上げるべき便秘ではないでしょう。

常習性便秘は、一般的に言われる便秘のことです。
自覚症状があまり無い、「弛緩性便秘」と、めまいや、吐き気、不眠などを伴う、「痙攣性便秘」があります。

弛緩性便秘は便をためがちな人に多く見られます。

これらは、様々な治療法、民間の対処方があります。一時的に解消する場合下剤や浣腸もありますが、あくまで一時的なものです。それ以外に便秘を改善する方法としては生活習慣を改善し、完全に便秘とさようならをする方法が望ましいのです。

便秘を解消するためには、マッサージやツボ押しなどもありますが、やはり、生活習慣や食事の改善が最も重要です。

便秘について理解する上で、どうして便秘になるのかを考えて見ましょう。

便秘の種類と症状

便秘は、腸に障害がおきて、腸が狭くなってしまう器質性便秘と、腸の機能低下、異常などによって起こる機能性便秘(食事性便秘、直腸性便秘など)があります。

具体的な症状としては、腸が締め付けられて、細くなったり遮断されたりして便が動けなくなる。

麻痺により腸の蠕動ができなくなった場所で便が動けなくなる。

過度の脱水により便が硬く大きくなり、排泄されなくなる。

便の量が少なくなり、固い塊(兎糞状)になる。

このようにして便秘が起こります。
便秘の方はおなかの中でこんなことが起こっているんですね。

腸の機能低下で、便が動けなくなったり、締め付けられたり、脱水、量の減少などで起こります。
ですから、良く『たくさん水を飲むとよい』といわれますが、必ずしも水を多く飲めば解決すると言うものでもないのです。

状態に合わせて適切に対応する必要があります。

これで便秘とさようならができます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする